お客様の車輛写真を頂きました。

疾走器官フェンダーデカールを購入いただいたお客様から装着した車両の写真を頂きました。
作品を購入いただいた方からは時々装着後の写真を頂くのですが、今回はセロー250に乗られるA様からとてもカッコよくコーディネートされ完成した車両の写真を頂きました。

A様UP (1)

A様の車両は2008年モデルのセロー250Sなのですが、カスタムされていく中で塗装部品の質感に比べて純正のグラフィックがプアだという事で疾走器官デカールを選んで頂きました。
フェンダーも含めて何度か購入いただき今回、一通りのものが揃って一つの完成形になりました。
ショートフェンダーとともにY’sのハイシートがシルエットを引き締めています。

A様UP (2)

 

リアフェンダーも実はXT250X用の物に交換されていて、自称「XT250Xを世界一愛するデザイナー」としては嬉しい限りです。DAYTONAの マルチウィングリアキャリアもよくフィットしていますね。
A様UP (3)

 

 

フロントフェンダーは自家塗装されていますが、セローにはマットブラックも似合いますね。
塗装済み品は銀と黒のツヤありしか造っていないのでマットブラックはご自身で塗って頂くしかないのですが、まとめて3本ぐらいオーダー頂ければ塗装済み品にマットブラックを追加できるかも。。(いかんせん手作りなので効率が。。)
シラウドトップのXT印入りデカールはボディ先端のアイキャッチになるので車体と顔の一体感が増して力強く緻密な印象になります。
A様UP (4)

 

 

 

というわけで、今まで装着して頂いた中でも一番綺麗にコーディネートされていて、私としても我が意を得たり、「そうそう!こういうカスタムの方に着けて欲しかったんですよ!」と大変うれしかったので許可を頂き掲載させていただきました。
A様、どうもありがとうございました!

 

くろかわ

コメントは受け付けていません。