EV-01Zの2017年

チームの皆さんがまだ帰国していないので水谷氏のブログの引用ですが、今年のEV-01Zのレース活動が完了したそうです。

BMST2017では今年のボンネビルの荒れた路面状況に重くて硬い車体が対応しきれず思うような記録とはなりませんでした。
しかし、大自然を相手に戦う特異なレースの面白さは充分に伝えていただけました。
まずは、ライダーとしての水谷氏のブログをご一読ください。
またモビテック様のチーム目線でのブログはこちら

 

そして、モビテックの皆さんは続いてコロラドマイルへの参戦をされました。
特異な車体故に国内ではベンチ以外で全力走行する機会が無いため開催時期が近いこちらのレースでもっとデータを取ろうという目的でした。

こちらでは188.4mph(301.4km/h)を記録し、EV-01Zの最高速となりました。
同じように速度を測る競技でも、何キロもあるコースの平均速度を取るボンネビルに対してコロラドマイルは1キロの中で加速も減速もおこなう必要があり、全く違う難しさがあったようです。
詳細はこちらの臨場感あふれる水谷氏のブログから。
また、タイヤから激しく煙を巻き上げる走行動画もUPされています

 

モビテックの皆さんに仲間に加えていただき世界最速を狙って3年目、
EV-01Zでは新記録に到達できなかった事は残念に思います。
ただ、それだけではない偉大なるレースの色んな側面に触れることができ、量産2輪車ではできないようなタイプのお仕事をさせていただけた事は大変幸運で幸せなことでした。

まずは、知っている範囲でのお知らせでした。

モビテックのチームの皆さん、水谷さん、本当にお疲れ様でした!

 

 

黒川

コメントは受け付けていません。