EV-02 完成

BMST2018に参戦するEV-02の完成形です。
今年はどんな走りを見せてくれるか。。

EV-02は川重テクノロジー様での風洞試験とJARI様城里テストコースでの走行試験を経て完成しました。

風洞試験の内容はモビテック様のブログにUPされています。


城里での走行試験は順調でした。
今回はEV-01系の時には想定していなかった旋回の能力もあります。
(動画はマルマスモーターサイクル様ブログより。)
YouTube Preview Image

 

風洞試験の結果を反映してzeezoon青島さんにアッパーカウルの修正をしてもらった事もあり時間に余裕が無かったので、自分もゼッケンベースの塗り分けライン指示を現地で行いました。

工業デザインはファンクションもスタイリングも包括した企て事ですから、そこには造り手たちの願いが込められています。機能的なだけでも美しいだけでも人の心は動かせません。
ゼッケングラフィック一つとっても意志を表現する場所なのです。


走行の隙間を縫ってミリ単位の作業を行うのは多少の難しさもありましたがスケッチ段階より魅力を高められたと思います。

その後、カラーフォース様でゼッケン部分がペイントされ、EV-02は7月の終わりに完成しました。

海を渡ってもうそろそろ着いた頃と思います。
BMST2018は現地の8/24から始まり現地の8/26から走るそうです。

今年のマシンにはモビテックの皆さんも私も入れられるだけのものは入れました。現地ボンネビルの厳しい自然環境を相手にどこまで戦えるか楽しみです。

コメントは受け付けていません。